夢公演実行委員会

今回は「夢公演part2」
昨年携わった人たちの他にも多くの実行委員が加わるようです
2回目3回目と言うのは気を抜かないで取り組みをしないといけません
と言うような報告も受け
より多くの宣伝と協力を広げないといけません
内容は出演者の人達のワークショップから演出家が決めていきます
なので どんな内容になるか楽しみです
主人公は出演者とスタッフ 裏方に携わる人たち全員です
誰一人かけても公演は成功しないのです
なので 皆さんの協力もお願いいたします
公演は11月25日(土)です
夢公演 part2
チケットはアートステージ空知でも取り扱いします(^-^)/

さてさて 私たちの事業の札響はどんな具合でしょう
深川での公演なので滝川方面では
会員さんの参加の呼びかけに重点をおいております
もしかすると会員証で参加できると思っている方もいるかもしれないので
間違わないようにそこは説明をしなくては・・・
あとは公演日を忘れないようにという事も含めて声掛けですね
公演まで2週間を切りました
あとは乗り合わせの車の手配をしなくてはいけません
これが問題です
札居チラシ表

ここで気分を変えて
昨日事務所に飾って頂けている写真が交換となりました
以前 機関誌の表紙の写真を提供して頂いていた山田さんの作品です
題名は「サロベルの花園」です
サロベツの花園
ありゃ うまくUPできませんでした
実際に見る写真はとても気持ちが良いです

雨ですな~

今日は夢公演の第1回目の実行委員会です
公演は11月ですが動き始めていきます
出演する人たちの練習もこれからとなります
どんな内容になるかとても楽しみです
昨年と違い関わる人たちも増えてます
拓殖短期大学の学生も昨年より関わる生徒が増えているのではないでしょうか
地元を応援するには若い人たちの力も必要ですしね

夢公演 part2

にしても 今日は雨
台風の影響が北海道まで来ているのでしょうか
気を付けて 夜の実行委員会に出席してきます

昨日の夕方頃より雨が降りはじめ
今日も朝から雨

新聞のチラシを見て雨降りがからきている人も少ないかな?と思いましたが
朝一でもすごい混みようでした
私の考えが浅はかでした
でもしっかり買い物だけはしてきましたけど・・・
しばらくは買い物をしなくても大丈夫かな~


もう6月も下旬も下旬
来月から11月公演の 夢公演part2 の実行委員会が始まっていきます
チラシが出来上がりましたのでUPしておきます
夢公演 part2
昨年 出演した人たちが前面に出ているチラシとなっております
今年はどんな内容作りになるかとても楽しみです
昨年は最初から最後まで見ることが出来なかったので
今年は最後まで席に座って見ることができるかな~

これからの経過はまたお知らせしていくことに致しますね
お楽しみに!!

また同じ日には姫路で民族歌舞団花こまの記念行事もあり
たきかわ車人形も出演することになっております

昨日の夕方から

昨日の夜から強風と強い雨がときおり降り
今朝は晴れている所と雨雲がのしかかっている所と
そして時折強風
気温はだんだんと低くなりはじめており秋を感じます
もうそろそろ
しまっておいた電気ストーブとポータブルストーブを出しますか
今日はたぶん寒いだろうと厚着をしてきた私
なので今のところは大丈夫!!


さて今日の北海道新聞に
9日の日の公演が記事に載っていましたので紹介しますね夢公演新聞記事
小さくて内容は読めないと思いますが
病気で障がいのある人 事故で障がいになった人
それぞれ色々な条件で障がいになっているかと思いますが
楽しそうな笑顔が伝われはいいかな~
この公演の第1歩で
障がいをもっていてもこんな楽しいことができるんだと思えると良いですね


夢公演1
チケットはまだあります
希望の方は御連絡下さい

夢公演ワークショップ

今日の午前中10月に行われる夢公演の練習風景を見てきました

3つのグループに分かれて内容も変えての舞台
それぞれがみんないい笑顔で練習しておりました
練習前の最初に輪になって手をつなぎ
片方の手でギュッとされたら隣に人に同じようにして1周
みんな一緒にやるんだよと言う気持ちが伝わるような感じでした
演技を終えて一人一人大事な事を伝える場面があるのですが
何となく練習を見ている時からジ~ンと来ちゃう感じでした
素直な気持ちが短い文章に表れていました
笑顔
ボケているけど笑顔が伝わるかな~
芝居の一場面
舞台の一場面
みんな役になりきっていますね~

是非楽しい舞台になると思うので観に来て下さい
そして障がい者達の素直な心で読む文章を聞いてあげて下さい
夢公演1
あなたへのラブレター~つなぐ言葉と想い~
1つの作品を覚えるのに大変かも知れませんが
楽しく演じられたと思えることが大事
そして副題のつなぐ言葉と想いが一番感じられます