イリス弦楽四重奏団

すごい大雨で大変な目にあっているようです
北海道はやっと暑くなってきて
寒さと暑さ対策で身体の調子を保つのに大変です
半袖で外を歩きたくても湿疹ができるので
何か1枚はおらざるをえないし
今年の私の身体はどうしちゃったんでしょう?

さて8月のイりス弦楽四重奏団の紹介をしていきますね
<第1弾>
イリス弦楽四重奏団 プロフィール

1992年結成。「イリス」とはギリシア語で「虹の女神」の意味。
虹のように色々な音色や音楽を表現し、たくさんの人々の架け橋になりたい
という願いが込められている。
イリス弦楽四重奏団は結成から25年目を迎える。2012年には20周年を期に、
“ビジョン・クラシック”レーベルよりモーツァルト「ディヴェルティメント」K.136、
137、138 のCDをリリース。
メンバー全員が常時同じ団体で活動している訳でなく、普段の活動で味わえない
音楽のつながりを求めて、このカルテットに集まり、音楽を作っています。



イリス弦楽四重奏団in太郎吉蔵

今回は公益財団法人日本室内楽振興財団の助成金を受けております
各公演共に100名限定となりますので
参加希望の方はお早めにチケットをお求めください

さ~て チラシも届いたので安心して出かけることに致します
自分が発注していないので
いつ荷物が届くかわからない?のにはどうしようもありませんね
荷物の発送にも到着日がないし・・・
でも無事受け取ることが出来ました
今度から時間指定と不在の日の曜日を伝えて発注して頂こう~っと!