連休突入

今日は日曜日と言う事もありなのか
ここ商店街はお店がお休みでとても静かです
天気予報は明日からマークのようですが
今日はちょっと寒いかな?
皆さんこの連休はどこかにお出かけするのでしょうか
私は今日の夜から姪っこの子供と遊ぶために外泊致します
最終日の休みはチラシが届くので出勤しま~す

でもね 休むのはいいんですが
自分の出した目標が進まないと大変な事になってしまうんです
あとで泣きを見るのは自分なんですけど
今日出来ることはクリアして遊びたいですね

絵のない絵本
アンデルセン 絵のない絵本 の東京公演を見てきた人の感想で
昔の話が今の時代にマッチしている内容らしく
すごく感銘を受けて帰ってきました
舞台上はとてもシンプルらしいのですが
どんな時代でも月が見ている
その月が見てきた事のはなし
戦争で負けて武器を手にするのでなく
スキを手に土地を耕し平和を勝ち取る話もあるそうです
今の政治の人達にも聞かせてあげたい話もあるようです
出演者の中には元宝塚出身の順みつきさんもいるそうです
お楽しみに!!

『絵のない絵本』(えのないえほん、原題 : Billedbog uden Billeder)は、デンマークの作家、ハンス・クリスチャン・アンデルセンの連作短編集。
屋根裏部屋で暮らす貧しい画家は、夜に訪れる月の語る話によって寂しさを慰められていた。その話を画家が書きとめたという設定で、33夜にわたる短い物語を収める。
1839年の初版では第20夜までだったが、再版で31夜まで追加され、1855年の第4版で33夜がそろった。


コメント

コメントの投稿