休み

ゆっくりさせて頂きました
はじめの予定から大幅に変わってしまいましたが
身体を休めることは出来ました

外はイチョウの葉が風に飛ばされ絨毯となっており
その所々で銀杏の実を拾っている姿を見たりして・・・
イチョウの葉がひきしめられて綺麗なのですが
掃除をするのが大変
大方の葉が落ちないと掃除が出来ないし・・・
刻々と冬の訪れを感じさせてきております


皆さんはどんな文化の日を過ごされたのでしょうか?


さて、狂言を成功させるために
旭川で狂言ワークショップに参加してきました
(私は参加しておりませんが・・・)
その中の1名の感想を載せてみます

12月の狂言鑑賞にむけて、座って待ってちゃいけないのがアートステージ空知のシステムらしい。
誘われるままにワークショップに参加した。旭川まで。
これまでの私のイメージでは、和服姿やきちんとして恰好で能楽堂へ行かなきゃ楽しむことができないものだった。
しかし、この日は普段着姿で参加してしまった。恐れ多くも京都茂山家から正邦氏が講師だというのに。車中では誰もしなかったが、ご記憶に残っている方はいらっしゃるか?何十年も前の風邪薬のコマーシャルで“くっさめ”のおじさんが狂言師茂山千作さん。その方の孫にあたる方です、正邦さんは。・・・わかる方にしかわからないせつめいでした・・・。
ワークショップって全員参加する講習会ですので、笑う・泣くの二つを実践したが、狂言師の声ってすごい。さすが、薪能とか外で演じてきたものなので広い室内響き渡る声だった。同行したTさん曰く、アートステージの会員はこういう利点(アーティストを身近に感じる機会)があるんだよ!   
はい、それを実感して来ました。
みなさん、気軽に狂言を見て大笑いしましょう!!

参加した人にはとても勉強になる講習会になったようでした

私達も12月の公演を生の舞台で楽しみましょう!!
狂言



コメント

コメントの投稿