雷ゴロゴロ

今日は曇っており
予報では雨の為か雷がゴロゴロなっております
一雨きそうです
と言っている間に降ってきました==


昨日は札幌へTAOの公演に行ってきました
以前テレビで練習風景を見たこともありすごいグループ(太鼓)だな~と思っていたのですが
そんな人たちの公演が昨日ありまして
太鼓のイメージではなく
見せるパフォーマーでした
踊り、太鼓、笛、琴 そしてステージ上を盛り上げる人たち
とても見ている人たちを飽きさせない公演で
若い人から年配まで幅広い人たちが参加しており
公演の度に何度も見に来ているようでした
TAO.jpg
ちなみに私たちの会費だけで行うとしたら
滝川の年間の事業が1本しかできないかも・・・
以前いた1000名の会員だと可能なんだけどな~
このTAOの人達の活動の拠点は大分との事です
とてもとても楽しい公演を見させて頂きました


8月号の会報とチラシが雨のひどい時に配達となりました
配達のクロネコさん 雨の中ありがとうございました
物が届いたので
これからそれぞれの折り込み分の仕分け開始です

あれっ?
雨は降っているんだけど どんどん暗くなっていってる
土砂降りになるかな~
でも天気に関わらず今日の作業開始

おっと
肝心な青山忠マンドリンアンサンブル 第4弾を忘れておりました

キム・ヨンテ(金 庸太)
1967年東京生まれ。13歳よりギターを始め、大谷 環、尾尻雅弘、福田進一に師事。93年名古屋ギターコンクール、94年スペインギターコンクールにおいて第1位受賞。
95年に渡仏、パリ・エコールノルマル音楽院にてアルベルト・ポンセに師事。
97年、同音楽院ギター科を審査員全員一致の第1位で修了。
翌98年、同音楽院の演奏家ディプロマを審査員全員一致の首席で取得。
同年ベルギーに移り、王立アントワープ音楽院スペシャライズコースに在籍、ローランド・ブロックスの下で研鑽を積む。
その間、ギターをアルバロ・ピエッリ、ジェラール・ヴェルバに、アナリーゼをナルシス・ボネに師事し、ヨーロッパ各地で演奏活動を行う。
2000年に帰国後は、ソロ、室内楽、オーケストラとの共演など、幅広く活動中。
2006年に発表したソロCD「ヴァリエ2 内なる想い」はレコード芸術誌にて特選盤に選ばれる。現在、聖徳大学、洗足学園音楽大学、現代ギター社GG学院、村治ギター早期才能教室で講師を務める。

青山忠マンドリンアンサンブル

コメント

コメントの投稿