腕がかゆい

ポスター張りをする際 腕を出して歩いていたのですが
湿疹のあとがひどくなってしまいました
もう1か月以上なおっておりません
目の前の薬局店で塗り薬を購入しましたが
ステロイドが入っているのは敬遠しました
昔は知らないで手が荒れた時(床屋時代)などに使っておりましたが
薬の内容を知ってからはなるべく避けるようにしております
そんなこんなでなるべく直射日光にさらさないようにしなくてはいけないのですが
暑くてやはり腕を出してしまいたくなる~
(室内なら大丈夫なのですけどね)

話が変わりますが
自宅に置いていたクレプトランサスの花を事務所に持ってきたら
つぼみがつきました~
あとは花が咲くのを楽しみにしているだけなのですが
これからがまだ時間がかかるのですよね
自宅にある同じ種類の花はまだ花を咲かせる状態ではありません
事務所の方がお花には良い環境だったかもしれないのかな~

さて
イリスの関係で会場の場所がわからないという方の為に地図を載せておきますね
takikawa_map.gif

太郎吉蔵について

北海道滝川市の滝川駅近くにある太郎吉蔵は、商業地として繁栄を誇った頃の歴史を伝える貴重な建築です。
1926年に五十嵐太郎吉(1879~1937)が五十嵐酒造店の醸造米の貯蔵倉庫として建設し、銘酒「滝の誉」と「滝の友」を売り出しました。 美瑛軟石と推定される木骨石造り約170平方メートルの建物で、戦後、醸造業から撤退した後は食料品問屋、株式会社五十嵐商店の倉庫として1970年まで使われました。
多くの貴重な建造物が取り壊される歴史の中で、2004年、特定非営利活動法人アートチャレンジ滝川が、この蔵を魅力的なプラグラムが展開される空間として再生し、芸術イベントの開催、五十嵐アート塾の会場、さらには地元を始め、希望の方々に貸しホールとして使っていただく活動を始めました。2009年、「再生名建築 時を超えるデザイン」鹿島出版会に掲載。2010年、滝川市指定文化財に指定。

こんな素晴らしい会場でコンサートを開きます
是非 ご参加ください
イリス弦楽四重奏団in太郎吉蔵

コメント

コメントの投稿