FC2ブログ

帰りまぎわに

会員さんから電話
もう帰った?
まだ事務所です
遠音のチケット自由席1枚欲しいと・・・
以前会員さんだった人で今回遠音の案内もしていた人が
会員さん宅でチケットを買う話になり
当日券売り場での取り置きとなりました
電話を替わって本人と話 覚えていますか?と・・・
え~え しっかり覚えていますよ~
昨年はクマが出た記事も新聞で読んで知っているし・・・
仕事の関係もありなかなか時間を取るのが難しいみたいですが
遠音だけは来てくれるそうです(良かった)

今 政府から都府県の自粛体制が広がっておりますが
政府自体が会食をしているので
国民としては自粛の強制は難しいのでは・・・?と思ってしまいます
今更???と思うのは私だけ?
政府の判断はいつも今でなく 2週間先 3週間先
今の時点の問題ととらえていないのか
医療問題にしてもずっーと以前から大変だと話をしているけど
何も前に進んでいないようだし
そんな事だから感染しても自宅待機ばかりで
ひどくなって亡くなっている人もいるみたいだし
世界全体がひどい状態は分かるのですが
私達の国の対応の悪さが感じられます
あくまでも私個人の意見ですが・・・

感染者が出たらどうしようかと・・・
今できる最善の注意を払い コンサートを迎える事しか出来ません
そんな中でコンサートを行うという事はとても神経を使う事ですが
1月24日(日)遠音のコンサートを行います
是非 皆さんも最善の注意を払ってご参加下さい
お待ちしております
遠音

さて 
今日の終わりに2月に行われるランス室内楽からメッセージを頂きましたので
こちらを紹介して終わりにします

【アートステージ空知の皆様へ】

 世界中がコロナ禍で通常生活もままならない大変な状況の中、2月のコンサート開催を決断して下さった事、そして準備を進めて下さっている事に本当に感謝致します。

 私たちランス室内楽団はお客様とのコミュニケーションを大事にしながら「堅苦しくなくクラシック音楽を楽しんでいただく」ことをモットーに活動して参りました。しかし昨年のコロナ以降コンサートが出来る状況になく、私たちらしい活動がほぼ出来なくなってしまいました…。そんな中でも昨年9月にホールを借りて無観客のコンサート動画を配信するというチャレンジもしました。この経験はとても貴重でしたが、やはりコンサートは聴いてくださる方々がいて初めて完成するものだと痛感することにもなりました。
演奏活動が出来なくなってからしばらくは、正直音楽を聴くことも苦しい…と感じる時期もありました。でもこのような状況になって初めて演奏者ではなく聴衆側にまわりじっくり音楽を聴いてみると、こんなにも音楽が人の心癒し、そして元気付けてくれるのだと改めて実感することが出来ました。そして、今度は私たちが深川の方々はじめ、聴いて下さる方々の力になれるような演奏をしなければならない!と決意を新たに致しました。

 演奏者というのは聴いて下さるお客様がいて初めて演奏者になれるのだと思います。アートステージ空知の方々や深川市の方々が私たちをもう一度演奏者にして下さることに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。皆様の不安な気持ちが少しでも楽になるよう、そして明日への元気に繋がるようなコンサートにするために精一杯準備したいと思います。

 2月に皆様にお会い出来ることを楽しみにしております。それまでどうか健康にお気をつけください。私たちも細心の注意を払って準備したいと思います。どうぞよろしくお願い致します。


                      ランス室内楽団代表  石黒 玲
ランス室内楽団




コメント

コメントの投稿