花こま 藤尾さんを迎えて

寒い事務所内で民族歌舞団「花こま」の代表 藤尾千恵子さんを迎えて
クンドゥルの学習を含めて交流を行いました。
花こまとクンドゥルの出会いからを含めて
クンドゥルの人柄の優しさにぜひ触れてほしいとの事も含めて
いろいろな事を聞かせて頂きました。
学習交流1学習交流2

「クンドゥル」とは?
「広くて大きな野原」と言う意味だそうです
お百姓さんがたくさん作物を作って人々にお腹一杯食べさせるように、
民族文化芸術活動を通して、世の中が平和で、平等で、生きがいの持てる
美しい社会を願って「クンドゥル」と言う名前を付けたそうです。

当日の演目の1つの写真
クンドゥル写真1
少しずつクンドゥルの事を紹介していきますね

クンドゥルの話から変わりますが
道内入りしている間に
「花こま」藤尾さんのお母さんが亡くなられた連絡が入りました。
地元にいればすぐにでも駈けつけられる事が出来たのに
北海道へ足を延ばして頂いている間に・・・。
心よりご冥福をお祈り致します。

日ごとに日常や世の中の事でいろいろな事が起こりすぎているようです。
アルジェリアで起きた事や学校での先生の体罰
あまりにも平和と言う言葉からかけ離れているようです。

クンドゥルの人たちは“まごころ”を大切にしているようです。
私も小さいことでも“まごころ”を忘れずいきたいです。

コメント

コメントの投稿