今日も寒い1日

日増しに5月に近づくにつれ
館内の暖房の入る時間帯が短くなり
今では朝のみ・・・
事務所内は寒くて上着を脱げない為
訪ねて来た人にも寒いので上着を着ていて下さいと言う始末
館内の他の部屋はそれなりに暖かいのですが
ここの事務所は外に面しているため、本当に寒いのです
その反動で、家に帰るとガンガン暖めている状態
とうとう昨日、今日の朝灯油の配達をお願いして入れてもらいました
くしゃみは出るは鼻水もでるわで泣きの状態
本当に今年は寒いのに・・・
桜も連休明けにならないと咲かないとか・・・
そうですよね。この寒さですからね
でも時は止まってくれません

昨日エゾンのポスターをUPしましたので
今日からメンバーの紹介をしていきます

津軽三味線 新田流 二代目 Tsugaru Shamisen Artist
新田昌弘
北海道・札幌を拠点に、日本各地・世界各国で
アクティブに音楽活動を繰り広げている新田昌弘
一人の三味線アーティストとしてはもちろん
ユニットでも多彩に活躍しています
伝統楽器と民謡、ジャズピアノを融合した新しい音楽で魅了する「Ezo’n」
津軽三味線のオーソリティ「新田親子」など
いくつもの側面を持ち、その才能を余すところなく発揮しています
<プロフィール>
北海道札幌市出身 1 9 8 4 年2月2 9日生まれ。父、新田流 家元
「新田弘志」に影響を受け1 4 歳で津軽三味線を始め、
7ヶ月後に津軽三味線東京大会中高生の部で優勝。
その後0 0 年、0 1 年、0 2 年の大会で優勝。
海外公演では「韓国、ベトナム、タイ、フィリピン、ラオス、ロシア、
アイルランド、アメリカ、サウジアラビア、ベルギー、コスタリカ、
トリニダードトバゴ、ドミニカ共和国」で演奏する。
ペンシルバニア大学の要請により1ヶ月間のコンサートツアーや大学での
レクチャーを務める。
2 0 1 1 年小澤征爾氏が芸術監督をする「J a p a n N YC 」i n
カーネギーホールで津軽三味線のコンサートを実現。
C Dは1 0 枚をリリース。演奏の他にも映画「オーバードライブ」で
大石誠一郎役で出演や作曲活動、津軽三味線ユニット「新田親子」
「OYA M A × N I T TA 」、北海道発信のオリジナルバンド「E z o ` n 」
などする。現在は地元 北海道を拠点とし、様々な施設、学校公演、
芸術コンサートなど地元から世界へ津軽津軽三味線を発信している。

エゾン

コメント

コメントの投稿