昨日行者ニンニクを頂きました
さすがに匂いが気になるので平日に食べるには気になり
醤油漬けにしてしまいました
なので仕事のない日の前に食べようと考えておりますが
これがなんと食べれるのはいつ?と言う感じです
例会が近づくと休んでいられない事もあるので・・・
お楽しみはずっ~とあとになりそうです


旭川フィルハーモニー管弦楽団のリハーサル公開が出来るようになりました
参加希望の方は整理券が必要となりますので
アートステージ空知までご連絡を頂く形になります
あくまでもリハーサルなので
そのまま公演を聞けるわけではありません
リハーサル時間は10:00~12:00
5分前には着席をして頂く事になります
本公演は2時間20分の予定なので
いつもより少し長くなります
こちらも発売中となっておりますので是非ご参加ください
旭川フィルハーモニー管弦楽団

6月は事業が2本あるので
会員さんも参加するのに忙しいかもしれませんね
でも 楽しんでくださいね



お知らせ
8月にスーパーライブ笑in滝川 が行われます
そのチラシが届きましたのでUPしておきます
スーパーライブ笑in滝川
チケット発売は5月27日(日)10:00~
この日だけの限定で
なんとチケットが500円安く購入できます
次の日から正規の料金となります
そしてチケット発売会場は
この日だけはなんとアートステージ空知滝川事務所となります

チラシデーターOK

昨日は街中がスモックがかかっているようでした
何とPM2.5が飛来していたとか・・・
大気汚染ですね~


9月の事業のデーターの確認OKが出ました
なので今日 UPしてみたいと思います
夏川りみ

一般発売開始は5月20日からとなります
会員は5月1日からの先行発売となっております
これを機に会員になりませんか?

同時に春風亭昇太さんの会員先行発売ともなっております
春風亭昇太さんのデーターはまた後日UPすることにいたします
単独でのチラシはまだ出来上がっていませんので
出来上がるまで待っていて下さいね

はやく・・・

9月の事業のチラシのデーターのOKが出たら
UPしたいと思っているのですが
まだ返事が来ておりません
もう少し待って下さいという事なので
他のもう1か所の会場の公演のチラシも印刷が出来ないでいる状態です
連休前にOKが出るといいんだけど・・・

昨日から天気は下降気味で気温も低いようで
ちょっと肌寒いです
でも長期予報では連休中は天気が落ち着いているような感じ?
さて 家の中の衣類が片付いたか?と言いますと
あちゃ~ 帰宅時間が遅くなっていることもあり
ち~っとも片付いておりません
今日も21時頃の帰宅になると思うので
やはり続きは次回の休みの日になるのかな~

そんな事より
いやはや 私の勘違いで
昨日が例会担当事務局会議だと思い込み
人を呼んで待たせて
結局は日にちが間違っていたことが判明
スケジュール表に書かれていた日にちで2人ほど手帳を書き直したとか
間違っていることに気がついたら誰か教えて~~~
本当に事務所に来てもらった方にご迷惑をおかけいたしました

なんだか連休近くになってから気持ちが下降気味
なんてことはないんですけど・・・
なんなんだかな~


ここで気持ちを切り替えて
8月例会のマリオネットの紹介をしましたが
個々のメンバーの紹介をしますね

湯淺 隆(ポルトガルギター奏者)
14才でギターを始め、日本ギター音楽学校を経てクラシックギターを小野剛蔵氏に師事。ポルトガルギターを巨匠アントニオ・シャイーニョ氏、アマリア・ロドリゲスのバックギタリスト、カルロス・ゴンサルベス氏に師事。我が国におけるポルトガルギターのパイオニアとして、ファド(ポルトガルで生まれた民衆・大衆歌謡)だけにとどまらず、日本人ならではの独自の境地「南蛮ぎたるら」を展開中。マリオネットとして、オリジナル曲を中心に音楽活動を行なう傍ら、近年は作詞・作曲家として楽曲提供(グラシェラ・スサーナ『唐街雨情』他)も積極的に行っている。2010年よりマカオ観光局音楽大使。2013年「第6回石見銀山文化賞特別賞」受賞、同年日ポ交流470周年を記念して、堺市の依頼により『南蛮Sacay』を作曲、またポルトガルにて470周年記念コンサート「The Way of Namban/南蛮ぎたるらの世界」を開催するなど「南蛮文化」「ポルトガル」という文脈の中でも確かな評価を得ている。

吉田 剛士(マンドリン奏者)
15才でマンドリンを始める。川口雅行氏に師事。ドイツ国立ヴッパータール音楽大学にてマーガ・ヴィルデン・ヒュスゲン女史に師事、同校演奏家資格試験を最高点で卒業。NHK洋楽オーディション合格。
マリオネットとしての活動の中で新たなマンドリン音楽の確立に力を注ぐ一方、古典作品やマンドリン全般への造詣の深さを生かし、日本で唯一のマンドリン専門誌「奏でる!マンドリン」の監修、各マンドリンコンクールの審査員を務めるなどマンドリンの普及発展にも貢献している。マリオネット作品を専門に演奏する「マリオネット・マンドリンオーケストラ」ならびに、全国のマンドリン合奏愛好家を100名以上集めて組織する「ZIPANGUマンドリンオーケストラ」を主宰。

すごくいい音楽の音色を演奏して頂けますので
日色ともゑさんの朗読と音楽をお楽しみ下さい
チケットは絶賛発売中!
日色ともゑ&マリオネット

6月公演の桂宮治さんの一般チケットも昨日3枚売れました
ポスターを貼って頂いているかいがありました
桂宮治独演会

休みの日に

昨日は午前中のんびりして
午後から思いついたように衣類の入れ替え
そしてもう着られない洋服を思いきって整理することに
捨てる前に着られるかどうかの確認もして・・・
いやはや ここ数年の間に太ってしまったので
かなり捨てる事になりそう
昨日1日で終わらせることが出来ず寝室は無残な状態
とにかく昨日だけで燃えるゴミ1袋
そしてお花も思い切ってスッキリ!
今まで伸びてくれていた蔓さんごめんなさいとばかりに・・・
こういうことは連休中にするもんだとつくづく思いましたが
手を付けてしまったからにはここ2~3日中で終わらせないと
寝室で寝る事が出来ません
なので 今日の夜も頑張って続きをすることにします

そうそう テレビでは
財務省の福田淳一事務次官の退職金が約5300万円とか
ひゃ~私達の税金がそんなに使われるの~
良いですよね
問題を起こしても多額の退職金が支給されるんですもの
まぁ 本人はセクハラを認めてはおりませんけど
にしても すごい退職金の金額
私が目にすることのない金額です

さて 個人的な話はさておいて
今日は先日の続きで
8月公演のマリオネットを紹介します

マリオネット
日本におけるポルトガルギターのパイオニア・湯淺隆と、マンドリン界をリードする吉田剛士によるアコースティックユニット。独特のオリジナル音楽の創作を中心に、ファドやポピュラー音楽まで幅広い音楽活動を行なっている。映画、TV、CM、バレエ・演劇などの音楽を数多く担当すると共に様々な分野とジョイントして精力的に活躍。
95年のデビューCD『ぽるとがる幻想』はインストゥルメンタルとしては異例の3万枚のヒット。以降、計15枚のアルバムを発表。
また『徹子の部屋』『スタジオパークからこんにちは』を始め、多数のテレビ・ラジオに出演。全国各地でのライブ活動の他、豪華客船「飛鳥Ⅱ」ワールドクルーズでの演奏実績も重ねている。
2010年より湯淺がマカオ観光局音楽大使。
2013年『第6回石見銀山文化賞・特別賞』受賞。同年、日本のファド史をテーマとした2枚組CD『Zipangu Fado』をプロデュース。
2014年10月より大分むぎ焼酎「二階堂」のTVCMが3年連続全国放送。
2015年ポルトガル大使館より『ジョアナ・アブランシェス・ピント賞』を受賞。
2016年高知県梼原町より『ゆすはら未来大使』に任命。
2017年大分日本ポルトガル協会設立40周年記念曲(杉村忠彦会長より依頼)『南蛮BVNGO』を作曲、同曲は大分市公式動画サイト『いいやん!大分』で公開中。
ポルトガルギター 湯浅 隆マンドリン 吉田 剛士

朗読と音楽をお楽しみください
お待ちしております
日色ともゑ&マリオネット


何時まで続くこの天気

昨日は本当に風の強い日でした
遠方の会員さんの所をまわる際に道端の桜の木を見ると
ほんのり色づいてきているようでした
連休中に花が咲くのかな~
花壇では水仙も咲いているところもあったり
名前がわからない花が咲いていたり・・・
どんどんお花を見るのも楽しい季節になってきました
自宅から事務所に持ってきたクレプトランサスの蕾も少しずつ大きくなってきた様子
自宅にはまだ株分けしたクレプトランサスがあるのですが
昨日思い切って枝を払って新しい芽が出てきているのを育てることに・・・
ちょっとスッキリしたかな~

さ~て
久しぶりに8月公演の日色ともゑさんの事を記載しますね
まずは
日色ともゑさんのプロフィール
1961年 劇団民藝俳優教室に第一期生として入団
1961年 劇団員昇格
1966年 『アンネの日記』6代目アンネ・フランク役に抜擢される

劇団民藝の中心俳優として『林檎園日記』『怒りのぶどう』『涌きいづる水は』など多数出演。宇野重吉一座『おんにょろ盛衰記』では老婆役で、師・宇野重吉と全国各地を巡演。
外部の舞台では『獅子を飼う』『ベニスの商人』『枯れすすき』『この子たちの夏』『夏の雲は忘れない』などに出演。
テレビ出演はNHK朝のテレビ小説「旅路」のヒロイン、「大草原の小さな家」の母親役の声優、NHK「お話の国」など。
最近では、ポルトガルギターとマンドリンのユニット≪マリオネット≫と共に「語りと音楽の調べ」で全国を巡演。その他、講演会、朗読会なども精力的にこなしている。
著書に『宇野重吉一座・最後の旅日記』(小学館文庫)がある。

日色ともゑ&マリオネット

次回はマリオネットの紹介を載せますね
お楽しみに!!